SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

GMXブログ

<< GMX ニュースレター 05月号(2006年) | main | GMX ニュースレター 07月号(2006年) >>
GMX ニュースレター 06月号(2006年)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

  GMX ニュースレター 06月号

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



自分の思想と行動全般に、いつも気を配っていなさい。...神さまはあなたを祝福し、他の人たちを助けるのに役立つ者としてくださいます。
(1テモテ 4.16)

「誰にも迷惑かけてねェだろっ(ないでしょ)!」というセリフを、街中で何度か聞いたことがある。でも大抵の場合、その人に“迷惑をかけてる”という自覚がないからこそ、そのセリフが出てくるように見えた。

「人に迷惑をかけてはいけません」というのは、日本人のしつけの黄金律だ。しかしこの黄金律、時代が変わったせいか、「誰に迷惑かけてるわけじゃナシ、何やったって構わないでしょ」という理解になってしまったように感じる。オレに文句言うヤツは赦さない、とでも言いたげな雰囲気だ。そして、世間を騒がす話題を見ても、実際にそういう雰囲気が支配する世の中になったなぁと思う。わたしたちの口から出てくる言葉が、わたしたちの生き方、そしてわたしたちの社会を作っていくということを、もう少し自覚しよう。正しいことを言っていても、自分がその真意をキチンと理解しているか、それが相手に伝わっているかどうかは、気をつけていなければいけない。

自分が立ち会う場面、出会う人たちに対して、よい言葉を語る者でいたい。言葉だけでなく、それが説得力を持つ生き方をしていきたい。それにはまず、自分自身にも語り続けなければならないだろう。わたしを、家族の、職場(クラス)の、地域の、この日本そして世界の、祝福の基としてください。アーメン。


 * * * * *


●去年出会った友人の集う「シャロームさいたま教会」は、なんと浦和競馬場のすぐ横にありました。いつか道に迷って通り抜けたことがある路地を、さらに奥に入ると、そこにある民家が教会でした。イスをぎっしり並べたリビングでの礼拝で、コパンの演奏と証しをさせていただきました。おいしい持ち寄りの昼食も、みなさんとのお話も楽しい一日でした。知りませんでしたが、競馬場周辺って(もちろんレースのない日だからですが)、静かだし、子どもたちも思い切り遊ぶスペースがあって、また散歩でフラッと行ってみたいような雰囲気でした。

●防音室設置
元ヤンコンメンバーの大学生、しょうたろうくんに手伝ってもらい、与野のレンタル倉庫から荷物を引き上げました。その中でも大仕事は、解体してあった防音室を運んで、わが家の1階に組み立てることでした。なんとか一日で、二人がかりでなければできない部分は終え、後はひとりでコツコツと作業して、やっと完成させました。この家は予想よりも目の前の通りの騒音が激しく、以前のように自宅でのレコーディング作業ができないでいましたので、1階の改装まではこれでしのぐことになります。

アーク・ホームエデュケーション・サポート協会の企画で、11月4日、お茶の水(OCC)で「ホームスクーラーズ・フェスタ」が開催されます。わたしたちは去年から、ホームスクーラーの子どもたちがいつか発表するための音楽の指導をお手伝いさせてもらっています。今までは小学生たちが対象でしたが、11月に向けて、今度は中高生たちのバンドも始動しました。来週は岩槻まで来てもらい、ミニ合宿の予定です。今月末の「ホームスクーラー祈祷会」で、練習の成果を発表する機会があります。

●94年のコンチ・メンバー、のぶくんが副牧師を務める「アッセンブリー/品川ベテル教会」に行ってきました。中原街道から細〜い路地を入ると、歴史を感じさせる会堂がそこにありました。驚いたのは、わたしたちがいるあいだほぼずっと、入り口の扉が空けられていたままだったこと。東京のド真ん中なのに、その一帯だけやんわりとした空気が漂っていました。新しいキレイな建物もいいですが、そこにその教会があることで、町の雰囲気が成り立っている、そんな存在もまたステキだなと思いました。毎年恒例のコンサートでしたが、みなさんの午後のゆったりタイムに、今年はコパンが貢献できたことをうれしく思います。


●毎週金曜日のミュージックスクール。最初は3名で始まりましたが、数回のレッスンを終えた今は6名になりました。基本的には、わたしたちの歌の練習に付き合ってもらうということで、楽譜を見ながらどんどん歌っていきます。自分の課題を自分で見つけて取り組んでいくために、この機会を利用してほしいと思っています。興味のある方は、ぜひ来て、体験してみてください。


★★★ コパン・スケジュール ★★★

●06.21-22(水木)/ARK バンド練習

●06.25(日)/日基・赤坂教会礼拝
 10:30〜(03-3582-1945)

●06.26(月)/東京地区ホームスクール祈祷会

●06.25-27(日-火)/ARK KMMキャンプ(渋谷)

●06.30(金)/フライデーナイト(お茶の水)
 19:00〜(03-3296-1001/OCC)

●07.02(日)/フレンズ練習(浦和)

●07.23-27(日-木)/春日井聖書教会(愛知県/0568-85-8314)
 Jフレンズ・ライフトレーニングキャンプ

●08.10-12 木-土/太平洋放送協会+恵みシャレー軽井沢
 サマー・キャンプ(0267-42-2302)

●08.15 火/赤城バイブルキャンプ(027-287-8640)
 カベナント・リフレッシング・キャンプ

●08.21-23 月-水/小さないのちを守る会 キャンプ
 (03-3233-4988)

●08.24-26 木-土/ユースさんびセミナー
 (奥多摩福音の家/0428-85-2317)


★★★ 献金報告 ★★★
-2006.04.21-05.20- 合計 ¥138,610
(JCあて ¥42,550  個人あて ¥153,060)

※郵便振替 【00150-4-59443】
※銀行 【三井住友銀行(小手指支店)普通口座-6427943】
 どちらも名義は「ジャパニーズコンチネンタルズ」です。


 ★★★ 祥子の日記ブログ ★★★
      もよろしく。

===========================================
 発行:ゴスペルミュージックエクスプレス
  339-0055 さいたま市岩槻区東町2-5-4
  tel+fax:048-749-7655
  email : info@gmx-jp.com
===========================================
| - | 11:36 | comments(7) | trackbacks(0) |
今日は、お二人の歌・・・・感激でした。アコースティックな響きとお二人のかもし出されてくる雰囲気が、
素朴な木の香り、レンガ作りの家、暖炉のある家の色、
草原、セピア色ー

なんというのか、ここちよくて、胸がいっぱいですね♪
是非、クリスマスに教会に来て頂きたいのですが、・・・お忙しいとは思いますがすみません、私のメルアドまでご連絡頂けませんでしょうか?

宜しくお願い致しますです!
| ayuri | 2006/07/03 12:12 AM |
競謄皀2:15は、私の献身時に与えられたみことばです。生涯の目標聖句!
今回、汽謄皀 4:16ともリンクできました。ありがとう!

私たちがどのような者であったとしても、御霊は変え続けてくださるお方だから、感謝!

私たちが何もできないと感じる時も、御霊の助けによって何かをさせていただける時も、どんな時にも主の愛と恵みは注がれているから感謝!
そのことを感じていられる者でいたいなぁ、って思います。

主は、心砕かれた者、主の前にへりくだる者を顧みてくださるお方だから、人間的な謙遜とか自己嫌悪とか自己卑下とかじゃなくて、主の前に正しく砕かれていたいなぁ、って思います。

主の前に、自分を自分として正しく見つめる事ができるようになると、人をその人として正しく見ることもできるようにされるのではないかと思います。正しくって言っても、人間のそれは、しれているけど…。

“あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ”というみことばの重みを最近感じます。
自分を正しく受け止め、愛する事が出来てはじめて、隣人をも正しく受け止め、愛する事が出来るんだろうな…って。
これも、生涯かかって教えられ、変えられていくことなのかもしれません…。

いろんな人々との出会いや、主にある友の存在は、ほんとにありがたいね!教えられるし、研がれるし…。

このニュースレターの存在もありがたいです♪

日々の生活と健康が支えられますように…。
働きが祝福されますように…。
祈ってるね♪


| みか | 2006/06/21 11:04 PM |
今、毎週の祈り会で、互いに自分の弱さ・足りなさ・罪深さを主の前に振り返り、勇気をだして認めることに取り組んでいます。

本当に、心の内にあるものが言葉に、態度に出ていくとき、どんどん願いとは反対の方向に進んでしまう怖さに出くわします。

「へりくだるものに、恵みをくださる。」神様の前に、みこころにかなうへりくだり方が出来ますように…と共に祈り合いました。とても感謝なひとときでした。これからも毎週続きます。
今の私にとっても必要な学びです。

それにしても、梅の絵!色使い!リアルですね〜!!
| まりこ | 2006/06/21 9:59 PM |
軽い気持ちで栄治さんのコメントが1テモテ4:16を浮き立たせているように感じたので、あのように書きましたが、早速今日テモテ書を全部読んでみました。確かに「あなたは熟練した者…」というところは目にとまりました。そして、「私が言っていることをよく考えなさい。主はすべてのことについて、理解する力をあなたがたに必ず与えてくださいます。私の福音に言うとおり、ダビデの子孫として生まれ、死者の中からよみがえったイエス・キリストを、いつも思っていなさい。私は、福音のために、苦しみを受け、犯罪者のようにつながれています。しかし、神のことばは、つながれてはいません」という箇所もとても印象的でした。母のためにお祈りしてくださって、栄治さん、祥子さん、本当にありがとうございます。イエス様が私たちとともにおられ、多くの兄弟・姉妹が祈っていてくれることは、大きな慰め、励ましです。私も堀井家のために祈っています。
| おさむ | 2006/06/21 7:00 PM |
おさむさんが思い浮かんだテモテのことばっていうのは、「あなたは熟練した者...」っていうところかな? どこでしょう?
そうか、競馬場っておさむさんのご近所だね。ジョギングはできなくても散歩するには気持ちいいですよね。道に迷わなければだけど。

確かに「タイプや文化の違う人」っていう認識があれば、危険は回避しやすいと思うけど、それが認識できてないと危ないよね。「自分と当然同じだろう」と勝手に思い込んでる場合にはやっぱりトラブルになりやすい。たとえ夫婦でもね。で、そんな間違いをおかさないようにって話すのを止めちゃう人たちがいるけど、確かに知恵のひとつかもしれないけど、それはズルいと個人的に思ってます(昔のボクはそうだった)。聖霊さまの助けがあるんだから、恐れずに(多少の衝突も)真意をわかりあえるように(同意し合えるようにではなく)、あきらめずに話す者でありたいなと思います。
| えいじ | 2006/06/20 10:11 AM |
“自分の思想と行動全般に、いつも気を配っていなさい。...神さまはあなたを祝福し、他の人たちを助けるのに役立つ者としてくださいます。”
(1テモテ 4.16)

わぁ、このみことば、ずしり!
…続けて示されてる箇所だけど、この訳わかりやすいね。

ほんとに、人の成長に役立つ言葉、徳を高める言葉を口から出していたいね。そして、言葉だけじゃなくて行動も伴う者でいたい…。

「正しいことを言っていても、自分がその真意をキチンと理解しているか、それが相手に伝わっているかどうかは、気をつけていなければいけない。」…これも、ほんとにほんとにそうだね!

この頃思うことは、
人ってそれぞれ、使う言葉とその理解が違うから、自分が思っていることや伝えたいことが、自分の使う言葉を通してそのまま伝わるとは限らないんだということ。

ぜ〜んぜん違うことが伝わってしまっている可能性もある。(>_<;)
(逆に、違って理解してしまっていることもあるだろうね…)

特に、タイプや文化の違う人の場合、そういうことがけっこうあるし、そのことに気付かないままの誤解は悲しいね。

意図したことがちゃんと伝わっているのかどうか確認することって必要だなぁ。そして、自分の言動を絶えず吟味することも。

みことばと御霊の助けがなければ正しいことが言えるような者ではない。また、たとえ正しい事が言えたとしても、はたしてその真意を理解し実行できているのかどうか…。

でも、不完全な者を不完全なままで愛し、育て、他の人たちを助けるのに役立つ者に変えて用いてくださる主に感謝しよう!

| みか | 2006/06/19 11:13 PM |
浦和競馬場は、小学生の頃からよく遊びに行っていて、高校時代は、悲願の硬式野球部入部を果たすべく、毎晩ジョギングをしていました(今はできなくなってしまいましたが)。
「シャロームさいたま教会」私も以前競馬場の近くの駐車場でバザーが開かれるというので、歩いて行こうとしましたが、なかなかたどり着けず、競馬場の周りをぐるぐる、行ったり来たりしていて、おや!こんな所に教会が♪とちょっと感動しました。その後一時間以上歩き回ったあげく、目的の場所にはたどり着くことができました。
「正しいことを言っていても、自分がその真意をきちんと理解しているか、それが相手に伝わっているかどうかは、気をつけていなければならない。」テモテ書の言葉を浮き立たせるようなコメントですね!
| おさむ | 2006/06/19 3:56 PM |









http://blog.gmx-jp.com/trackback/402206