SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
OTHERS

GMXブログ

<< GMX ニュースレター 01月号(2009年) | main | GMX ニュースレター 03月号(2009年) >>
GMX ニュースレター 02月号(2009年)


エルサレム賞を受賞した作家、村上春樹氏のスピーチが話題を呼んだ。
道義的な理由から受賞を拒否するよう、いろんな人に進言されたにも関わらず、彼は賞をもらうためにエルサレムへと飛んだ。受賞式典でのスピーチでは、高く強くわたしたちを取り囲む壁(システム)と、それに挑む脆い卵(人間)を登場させ、自分はどのような場合にも卵の側に立つ、と語ったことから、イスラエルによるパレスチナへの攻撃を非難した、勇気あるスピーチだったと賞賛された。

事実そうであるとは思うのだけれど、そこは村上氏のこと。そのスピーチは彼の小説のように幾重にも深読みできる内容で、そこでまたファンの人々を大喜びさせた。なんともすばらしい才能の持ち主である。個人的に小説にはシンプルなものを求めるので、彼の作品はほとんど読まないのだが、今回のスピーチは考えさせられ、楽しませてもらった。

『...「システム」はわたしたちを守るものであるべきですが、時にそれ自体が暴走し、わたしたちを殺しはじめ、さらにわたしたちが、冷酷に、効率的に、疑問を挟む余地もなく、誰かを殺すように仕向けます。
...わたしたちひとりひとりは、この手に触れることのできる、生きた魂(尊厳)を持っています。が、「システム」はそういうものではありません。わたしたちは、「システム」がわたしたちを支配することを許してはなりません。「システム」がひとり歩きすることを許してはならないのです。「システム」がわたしたちを作ったのではなく、わたしたちが「システム」を作ったからです。...』

興味深く読み取ったことは、彼が、自分(卵)はシステム(壁)を作っている側/その存在を保持している側の人間でもあるという認識を持っていること。そして、わたしたち人間の作ったシステムには必ず限界があるということ。自分の執筆活動を、常にそれらへの警鐘をならすものとして認識していること。

強制わいせつ容疑でカトリック教会の神父が逮捕され、プロテスタントでは、牧師たちを指導する立場でもあった著名な人物が、やはりわいせつ行為を訴えられて自国に逃げ帰ってしまったという事件が、新聞や週刊誌を賑わせている。人ごとのようにただ非難することもできるし、身近ではないのであまり関係ないわ、と済ますこともできる。が、わたしたちのそんな態度が、そういうシステムが生まれることを許してしまったとも言える。難しいのは、わたしたちにはどれが神さまが直接管理しているシステムなのか、どれが人間の手によるものなのか、究極的にはわからないということだと思う。だとすれば、人間が認識できるものの範疇では、「聖域」というものを作らないようにすることしかないのではないだろうか。

わたしたちの信じる神は、絶対的な存在である。しかし、わたしたちはそうではない。そこからしか、福音は始まらない。信仰に生きるには、それに常に真摯に生きるには、積極的・肯定的に、わたしたちのまわりにあるシステムを、聖域を、そしてわたしたちの心の中にあるシステムをも疑っていくことが不可欠だ。



【かずお update】
おもしろ語録。
母さんは「かっか」、父さんは「あいあい」。
踏切は「かんかん」で、電車は「こーかーこーかー」。
いちごはなぜか「かじょっこ」で、
ごはんは「ごかん」、あんこは「あぁこん」(おしいっ!)。
ピングーは「ぴーじゅくじゃかー」(長い)で、
コパンの歌“きょうのわたしに”は「あっくーん」
(おそらく “く〜さ〜の〜” と歌う部分のことだと思われる)。
楽しい。



: : : : : 献金報告 : : : : :
(2008.12.21〜09.01.20) 
【合計:203,000 】
JCあて:23,000 + 堀井あて:180,000


===========================================
 発行:ゴスペルミュージックエクスプレス
  339-0055 さいたま市岩槻区東町2-5-4
  tel+fax:048-749-7655
  email : info@gmx-jp.com
======================================
| ニュースレター | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.gmx-jp.com/trackback/724060